前撮りをする

間に合うように撮影しましょう。

結婚写真を前撮りするカップルが増えています。挙式披露宴の当日はとても忙しいスケジュールのために慌しい一日になります。写真撮影も所々で行うものの、お化粧直しができないまま、写真を撮る場合もあります。前撮りであれば、落ち着いて準備を勧めることができる上に、結婚写真の撮影もゆっくり行うことができます。 また、結婚式の衣装替えを少なくするカップルが増えているので前撮りでは結婚式の当日には着用しないカラードレスや和装での結婚写真を撮影し、挙式披露宴でその写真を披露することで招待客に楽しんでもらうこともできるのです。 せっかく前撮りをするのですから、挙式披露宴で招待客に見てもらえるように撮影する日程は余裕を持って計画すると良いでしょう。

招待客に喜んでもらえます。

結婚写真の前撮りをする時には、結婚式の当日に着用しないドレスや和装を着用することをお勧めします。招待客は新郎新婦の晴れ姿をとても楽しみにしています。しかし、結婚式当日の衣装替えを少なくするカップルが増えています。例えば披露宴会場の受付の場所やウェルカムボードの近くに前撮りした写真を飾ることで、招待客に違う衣装を着た新郎新婦を見せることが可能です。 結婚式で和装を着ない新郎新婦には和装での前撮りをお勧めします。年配の招待客は和装をとても楽しみにしている人が多く、写真だけでも和装姿を見せると喜んでくれるでしょう。 また、白いウエディングドレスも、結婚式では着用していないデザインのものを前撮りで着用すると注目されるでしょう。